norikra

uWSGIの統計情報をfluentd経由でNorikraに格納するまでのメモ

CkReal

検証背景

uWSGIには、統計情報を取得できるオプション設定がある。
The uWSGI Stats Server

  • uwsgitopで人間が見ながらチューニングするのは何だかんだで大変
  • uWSGIのJSONはネスト構造で複雑
  • Kibana化を見越して、InfluxDBでもよいかなと思ったけど、返ってくるJSONが複雑すぎた。
  • Norikraは複雑なJSONでもクエリを投げられるので、そこまで格納できれば監視&可視化に使うのはユーザが自由に行える

想定連携図

uWSGI_Norikra連携 各種ミドルウェアの連携は上記のイメージ。
なお、今回は全てローカル環境に構築した。