ICL手術後、1年経過したときの記録

CkReal
昨年、ICL手術を受けたときのブログを書いてから1年以上経過したので、術後経過の記録として書いておきます。 まとめにも記載してますが、特に不具合なく毎日快適に過ごせています。 ICLの手術後、どのような生活を送ったのか 術後〜1週間 術後1週間ぐら

レーシックではない視力回復手術、ICL手術の体験記

CkReal

家にあった1dayのソフトコンタクトレンズが切れて、「ランニングコストもかかるし、そろそろレーシックでもやってみるかなあ」と視力回復手術を受けに行ってみたら、私の体質上ICLを勧められたので、ICL手術を受けてきた話です。
そんなに何度も経験することでもないと思うので、視力回復手術に興味ある方向けにメモを残しておきます。

組織課題に対する、対策への時間軸の違い

CkReal

TD;DR

マネジメント業務を行っていると、メンバーから「現在の課題は、会社としていつ頃解消する見込みなのでしょうか?」と質問されることがあります。
マネジメント業務を数年経験している中で、このあたりの内容について、うまくメンバーと温度感が合わなかったケースを何度か経験しているので、自分の考えを整理がてら少し明文化しておこうかなと思いました。

OSI参照モデルって、7階層以外にもいくつかあるよねってお話

CkReal

Classiアドベントカレンダー23日目です。

本日はエンジニアの大半が嫌いな政治が絡むお話です(汗
前提として、OSI参照モデルの7階層を知っている人を対象としています。

1.はじめに

アドベントカレンダーを書く際、「今年、どんなことしてたかなあ?」と社内Slackなどを遡ってみたら、「OSI参照モデル7階層より上の動きをする人っているよねー」って話があがってました。
ちょっと調べたら、海外でも比喩に使われることがあるみたいで、L7以上だけでなく、L0含めてこれまで経験した内容をメモ程度に書いておこうかなと思ったのがきっかけです。

英語が苦手でも、re:Inventは怖くない。むしろ、re:Inventから海外に興味を持っていこう

CkReal

Classiアドベントカレンダー8日目です。
今回は、今年参加してきたAWSのグローバルカンファレンスre:Inventに関する内容になります。
社内のWantedlyブログに投稿した内容の補足記事になります。

全AWSエンジニアの憧れイベント、re:Invent 2018に初参加してきました

この記事とは別に、社内でも簡単な出張報告を行いました。
そのときに、「英語が不安なんですけど、大丈夫でしたか?」という声をいくつか聞き、その不安が懸念でre:Inventに参加するのをためらうならもったいないなあと感じたので、そうした方々の不安を多少緩和できる内容をいくつか紹介しようかなと思います。

誤解のないように最初に書いておくのですが、「英語ができないままで安心するのではなく、英語ができるとre:Inventをより楽しめることができる」といった内容になります。

レブル250納車

CkReal

クルーザータイプのバイクが欲しくなって、レブル250を購入した。ディーラーには、ETCとUSBの口を2つつけてもらった。
レンタルバイクの貸し出し時間が9時以降で、知人とのツーリングでいつも集まりにくかったけど、これで早めに自宅を出発することができるようになった。
レブル250.jpeg