2017

ECSで運用していた社内ツールをFargate化したときに、ハマりやすかった3つのポイント

CkReal

AWS Fargate Advent Calendar 2017の25日目の記事になります。

他の方が詳細な見解や調査など行われているので、大トリの記事がこれぐらいの内容で大丈夫なのかビビりながら書いています。
ひとまず、年末年始でFargateを試してみようかなあという方の参考になれば。

CloudFormationで、ECSのCI/CD環境を構築した際のハマりどころ 〜CodePipeline,CodeBuild,KMSも添えて〜

CkReal

Classiアドベントカレンダー4日目です。
本日は、ECSを利用して、AWS上でAWSどっぷりのCI/CD環境を準備したときのお話になります。

今年のre:InventでEKSとFargateがリリースされましたが、東京リージョンに来てなかったり、プレビュー段階だったりで、
まだしばらくは参考になる部分はありそうかなと^^;

CloudFormationとTerraformの使用感〜2017年7月版〜

CkReal

1.背景

2016年9月、CloudFormation(以下、CFn)がYAML書式に対応しました。
AWS CloudFormation の更新 – YAML、クロススタック参照、簡略化された置換

また、Terraformも0.9になったことで、各環境ごとに設定を切り替えることができるようになりました。
Terraform 0.9がリリース。0.8.xから0.9.xのStateマイグレーション手順をまとめました。
Summary of Terraform v0.9

これらのリリースによって、それぞれのツールに対する使用感が大分変わったので、
備忘がてら2017年7月時点でのCFnとTerraformの使用感をメモしておきます。
なお、本記事のTerraformは無料版なので、エンタープライズ版の使用感とは異なると思います。